--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「PLUM プラアクト戦 01:伊達」レビュー

2013年05月08日 12:04

we1.jpg

plactdt.jpg

ごゆっくりどうぞ
2013年4月発売
PLUMからプラアクト戦01:伊達です

plactdt (1)

パッケージ

plactdt (2)

作成後だったのでランナーが残ってないので解説書からパーツ一覧

plactdt (3) plactdt (4)

プラアクト戦 01:伊達
プラアクトとはPLUMからプラスチック・アクション・キットというコンセプトで作られたプラモデルです
その第一弾は戦国武将の伊達政宗をイメージしたロボット
デザインが好みすぎて、普段プラモを買わない私ですが、衝動買いしてしまいました
とりあえず組んだだけの状態で、細かい処理はしていません
塗装も、商品としてのレビューなのでしないままレビューした方がいいという助言を頂いたので
完成させるのは時間のあるときにでも・・・

plactdt (5) plactdt (6)

まずは素体の紹介
プラアクトは共通素体の上に、鎧を組み付ける感じになっています
その素体部分

plactdt (8)

可動
アクション性を売りにしているだけあって、広い可動範囲

plactdt (9)


伊達政宗の象徴である、左右非対称の三日月形の兜飾りや眼帯も再現されています
目などは塗装しないと見えにくいですね

plactdt (10)

クリアパーツの眼帯は左右2個ずつの計4つ
両目眼帯とかアホみたいなこともできます

plactdt (11)



plactdt (12)

背中

plactdt (13)



plactdt (14)

plactdt (16)



plactdt (15)

plactdt (17)

腰アーマーの可動

plactdt (18)

plactdt (19)



plactdt (20)

刀は2本あります

plactdt (21)

もちろん持ち手もあります
刀は鞘から出し入れ可能

plactdt (22)

plactdt (23)

ジョイントパーツを使用し、各部にあるジョイントへ取り付け可能
股間にもジョイントがあり、魂ステージなどの台座を使用出来ます

plactdt (24)

パーツを少し取って軽装にするといったことも可能

plactdt (25)

plactdt (26)

plactdt (27)

plactdt (28)

plactdt (29)

plactdt (30)

plactdt (31)

plactdt (32)

plactdt (33)

以上、「PLUM プラアクト戦 01:伊達」レビューでした

デザインに一目惚れでしたが、これはいいものでした
特に可動範囲は驚きです
組みやすさもなかなかのものですし
組み付けしようゆえのポロリや、色分けがもう少しなんとかなるんじゃないかなって所が少し残念
時間あるときにゲート跡の処理したりして塗装したりできたらいいな・・・
次弾の真田も買ってますので次回はそちらを

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。